住宅確保要配慮者向けのセーフティネット住宅件数は半年で622件だった

住宅確保要配慮者向けの国交省制度が新設されて時間が経っています。本ブログでも、2017年2月では国交省の住宅確保要配慮者への空き家活用制度について調べてみたで細かく見て、その後2017年11月に住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度が始まっていますで少ししらべています。

当初、17.5万を2020年度末に掲げている目標がどの程度の感覚かわかりませんでしたが、「断らない賃貸」広がらず 高齢者支援策、家主にリスクによれば目標値の0.4%となっているため、厳しい印象です。同記事から何が広がらないかを調べてみたいと思います。

続きを読む

福岡県が県内版空き家バンクを作ろうとしている

今年に入って福岡県で自治体空き家バンクを束ねたシステムを作るというニュースがありました。都道府県自体が手がけるものは既にあるかもしれませんが、九州では初ということで調べてみました。ソースは、空き家情報を一元化 福岡県が市町村の物件ネット集約へ 利便性高め中古市場を活性からです。

続きを読む

自治体主体で寄付集めするガバメントクラウドファンディングを少し調べてみた

山梨県南アルプス市とトラストバンク、ふるさと納税を活用した地域活性化策を開始を見て、そういえば自治体がクラウドファンディングをする時代だなと感じました。今回は、自治体がクラウドファンディングして寄付集めが出来るというガバメントクラウドファンディングについて調べてみます。自治体関係者の方のヒントになれば幸いです。

続きを読む

相続税を支払う人はどの程度いるのか

空き家発生原因として、相続が原因というのがあります。しかし一方で相続についての知識や理解が少なければ、「何が起きるかわからない」のも事実です。今回は、ふと思った「相続税」について、どれくらいの人が対象者かを調べてみました。

続きを読む

【暫定版】平成29年度先駆的空き家モデル事業の事業成果報告書をまとめてみた

以前紹介しましたが、国交省が行っているモデル事業で、先駆的空き家モデル事業というのがあります。平成28年度の成果は既に公表済ですが、最新である平成29年度はそろそろ出てくるかなというところですが、まだ出ていません。

そこで調べてみて採択団体(事業者、自治体)毎に情報を出しているところもいくつかあったのでそれらの結果をまとめてみました。

続きを読む