空き家の相続を放棄することって簡単にできるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

空き家の相続放棄という言葉をネットで見かけました。おそらく、以前書いた記事空き家は市区町村(自治体、行政)に寄付できるのか?と同じで、出来ないかまたは簡単ではないんだろうと思いながら調べてみました。

空き家の相続放棄は簡単ではない

結論からいうと、相続放棄は簡単ではない。難しいといえます。相続放棄すると考える方は「空き家」を相続で貰っても売買や処分、解体でおそらく費用が発生して負債になり得るし、固定資産税も馬鹿にならないだろうと考えて放棄するぞと考えていると思います。

私も実家を相続する場合、おそらく負債になるならそのようなことを考えるからです。

空き家の管理義務は放棄できない

まず相続放棄とは何かということを考える必要があります。司法書士・行政書士法人よしだ法務事務所相続放棄によって空き家の管理義務・責任を免れるかが参考になります。

結論から言ってしまいますと、相続放棄をしたから被相続人の相続財産から発生する問題について完全に責任を免れるわけではありません。これは民法940条という法律が根拠となりますので、まず条文を確認してください。

(同上より引用)

相続放棄したからおさらば、ということではないということです。そして続けて民法第940条が書かれています。

【民法第940条】
相続放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

(同上より引用)

法律の文章は読みづらいですが、要は空き家の管理はしてね、管理放棄とか駄目だよということです。そして同記事にもありますが、別の他の相続人に渡せばいいわけですが、それって簡単なんですかというと、実に難しい。よって、相続放棄はしたけれど、管理はちゃんとするという状態になります。

相続財産管理人選任コストが高いので実質的ではない

相続放棄代行センターいらない不動産を相続放棄で手放す?も参考になります。同じく民法第940条が言及されています。ここまでは同じですが、さらに進めると、相続財産管理人という人を選任するため、裁判所へ申し立てることとなります。これによって相続財産の管理に責任が出来るので、相続放棄→相続財産管理人選任→終わり!となるわけですが、

つまり、相続放棄の申し立てと相続財産管理人の選任の申し立て、そこまでやって、やっと「いらない不動産」を手放すことが出来るのです。
しかし、相続財産管理人の選任には、避けて通れない予納金等のコストの問題(数十万円~100万円程度)が生じます。

(同上より引用)

結局この選任コストが数十万以上かかるわけです。これらは一般的に固定資産税のコストを考えると高いため、見送られるケースが多いとあります。

負債不動産である空き家を得るなら「要らない」といって逃げたいけれど、でも相続放棄をしても管理責任が免れない。例えば民間企業で空き家管理は数千円から1万円程度でしょう(年間でいえば6万から12万とか)。そのコストからは逃げられないとなります。もちろん自身で管理すればいいのですが、手間でしょう。しかもその空き家は価値がないので、管理モチベーションはわかないですよね。

 

不動産の放棄と相続放棄(その3)では、以下のような指摘がされています。

相続放棄をしてもこの制度を利用する人は少ないという事実です。この事実は空き家管理条例でも紹介しますが、相続財産管理人の制度を知っていても、お金がないと相続財産管理人になる方に費用等を支払えません。相続財産管理人制度を利用しますと、地方の裁判所でも最低数十万円は費用として予納する必要があると言われております。これでは固定資産税を支払うほうが安い場合が多い。そもそも放棄した人は借金の支払いができず、或いは支払いたくないから放棄するのですよね。わざわざ費用のかかる相続財産管理人の選任申立などしません。

(同上より引用)

確かに指摘通りで、相続放棄する人は借金等の負債をもらったら支払えないと考えたり、それは勘弁して欲しいという人だから放棄するのに、費用がかかる相続財産管理人を選ぶわけがないということです。

さらに、

私自身の経験を申し上げましても、相続財産管理人の選任を受けたのは抵当権を執行したい立場の債権者である金融機関の依頼を受けて受任したものばかりです。

(同上より引用)

とあり、プロから言っても、債権者側の依頼であって、相続人が行うケースはなかったし、現実的にも矛盾だといえるわけですね。

興味深いのは最後のまとめでした。

今後は、劣悪不動産を持っていても固定資産税その他の管理費用がかかるだけで何の利益もないのにかかわらず、最悪の場合には、所有者・管理者責任まで課されることが分かりました。故に、相続財産に劣悪不動産がある場合、多少の遺産しかないのであれば、遺産全部を放棄してしまう事例も増えるのではないかと予想できます。

(同上より引用、太字は筆者)

さらっと読み飛ばしそうですが、今回の記事では相続放棄は簡単か、やるならどうか。そういうテーマで書いています。前半はその通りで、負債不動産を相続放棄しても管理責任が放棄できないから意味がないよねということです。その後の太字は私が書いたのですが、「遺産全部を放棄してしまう事例が増える」という話です。

相続放棄は相続人が放棄することであって、遺産放棄というものは、被相続人つまり、亡くなった方の資産を放棄することなのかと思いました。これについては後日また調べてみたいと思います。

まとめ

相続する空き家が資産価値もなさそうだし、管理も手間。相続放棄をしたら管理もしなくていいし、固定資産税も支払わなくて良い。そんなうまい話に聞こえますが、実際は、固定資産税は放棄すれば不要ですが、管理責任は義務ということでした。

専門的なところは不明ですが、空き家を固定資産としては放棄しているので所有権はないが、管理はするという中途半端な状態になるというわけです。なんとも気持ちが悪い状態ですね。

それで放棄したい人は、相続財産管理人を選任すれば管理責任からは逃げられるのですが、その選任コストが高く実際には使えないとなります。そのお金があれば、普通に相続して売却等したほうがいいというか、私ならそうする気がします。

今回も、予想通りですが、空き家の寄付が自治体に簡単にできるわけではない、いや多くは断られるだろうというところと同様で、相続放棄という選択肢ややり方も現実的ではないという結果になりました。

法律の改正や制度の変更などもあるかもしれませんが、少なくとも現状では、空き家が負債になるから相続放棄で回避するというのは現実的ではないと言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。