ブロックチェーン技術と空き家の関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブロックチェーンという言葉聞いたことはあるでしょうか?

仮想通貨として新聞など話題に出ることも多いビットコインの土台となっている技術のことです。

このブロックチェーンですが、通貨だけでなく様々なところで使えるポテンシャルがあることを感じました。今回はこのブロックチェーンが空き家関連でどう使われるかについて書いてみます。

ブロックチェーン技術とは

詳しい理解や技術的なことは私も分からないのですが、いくつか資料を読んだところで恐れずに言えば、要は分散型の暗号化技術で、ビットコインでわりと実証されている技術です。ビットコインがよく分からなくなるのは、技術的な仕組みの上に、「通貨」という概念があるからだと思います。ビットコインの理解はあったほうがいいですが、あくまでブロックチェーン技術がどう空き家などに関わりそうかを考えてみます。

ちなみに、ビットコイン=ブロックチェーン技術ということが言われやすいですが、基本的に、ビットコインとブロックチェーン技術は別物です。ただ、ブロックチェーンの考え方があって通貨という分かりやすいものになったときに、ビットコインとなっているということです。このあたりは私も勉強中というところです。

土地の登記とかの証明書に使える可能性

「ブロックチェーン2.0」へ 普及の課題と未来  ビジネスブロックチェーン(下)では、こう書かれています。

もともと、ビットコインのブロックチェーンで管理されているのは、ビットコインの残高のやりとりである。トランザクションには送金するビットコインの金額が「数字」として記録されている。

この「数字」を、他のものに置き換えてみる。例えば「株式」「土地の権利」といった具合である。こうすれば、権利の取引をブロックチェーンで実現できることになる。通常の商取引では、権利の移転と同時に金銭のやりとりも発生するから、それも併せてブロックチェーンに記録すればよい。

(同上より引用)

契約とは双方の同意であったり、書面に対して本人が署名したり了承を表すものです。同時に数字が入っていれば、例えば土地の権利であれば、地積のような面積、また所有権自体の履歴であったり、数字ではないですが文字列データと考えれば、地番等の土地の住所など、様々なものがブロックチェーンの取引記録化されるというわけです。そうすると、ブロックチェーンを使って土地の権利などもやりとり出来るので、土地の売買等の取引がスムーズになるかもしれないということが考えられます。

これらがすぐ実用化されるかは分かりません。素人的に考えても、これらの取引がそのまま暗号化されたにせよ元データは見られないのか?などの不安があります。暗号化とは、誰も見えないのではなく、誰でも見られるが、その元データにしづらい、アクセスしづらいという理解を私はしています。例えが分かりやすいかどうかですが、自分の家が泥棒にターゲットにされた場合、扉に鍵が何個も付いていると諦めてくれるという類いのものかなと思っています。10個の鍵でなく1000個の鍵があればそもそもやる気すら起きないわけですが。

では時間をかければ暗号を解読できるかどうかはちょっと分かりません。ただデータ自体の改ざんは非常にしづらいというものなので、改ざんはむしろできないというところでしょうか。

何にせよ、新技術におけるリスクがゼロということはありません。このあたりは勉強していくしかなさそうです。

シェアリングエコノミーの本人確認情報

空き家を不動産と捉えると、土地の登記や権利についても関連しているといえるわけです。他には、シェアリングエコノミーという視点も入ってきます。上の記事では、カーシェアリングにおいて、中立的な第三者がいなくても取引が出来るとあります。確かに決済などでは誰か中立的な立場がないとスムーズにできない気がします。例えばカーシェアリングであれば、シェアカーの提供事業者、決済される銀行、カーシェアリング利用者の3者で済み、例えば決済される銀行と事業者の間の存在が不要です。卸のような問屋が消えるイメージかなと言えそうです。

シェアリングエコノミーに欠かせない本人確認情報をブロックチェーンで共有、ガイアックスが実証実験では、こうあります。

ガイアックスが現在考えている枠組みは、本人確認をある1社が行えば、複数の会社で「本人確認済み」であるとの情報を共有できるようにするものだ。構想では、本人確認書類(例えばパスポートや運転免許証など)そのもののデータは、最終的には特定の企業ではなく非集権化されたP2Pのデータベース(候補はIPFS)により管理する。本人確認を行った後、本人確認に利用したデータのハッシュ値を改ざんが事実上不可能なパブリックブロックチェーンに刻み込み、証明書を発行する。証明書のデジタル署名、ブロックチェーン、タイムスタンプを照合することで、本人確認データおよび証明書が改ざんされていないことを確認する。このような非集権化された枠組みを作り上げる構想である。

(同上より引用)

シェアリングエコノミーサービスとは、カーシェアリングのようにモノであれば専有するのでなく共有して貸し出したり、またはシェアカーを借りられるなどのことです。家事のお手伝いサービスは昔から家政婦サービスというようなものがあるわけですが、シェアリングという視点では、主婦で空いている時間があるのでその時間を使ってお手伝いをしにいくという形です。

そういった事業者が数多くある中で、とくに本人確認の確認がコストになるというわけです。その部分を共有化出来ればコストも少なくなり、かつ利用者もわざわざ毎回情報をあげなくていいので手間が省けます。こういった実証実験がうまくいくといいですね。

そして、空き家の活用という意味では、上のシェアリングサービスで民泊サービスが該当すれば本人確認もスムーズになるというメリットになります。他にも、空き家の取引や売買にもインパクトになるかもしれません。

ブロックチェーンをもう少し知りたい場合

「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を取りまとめましたでは、国がどうブロックチェーン技術を活用したり制度化していくかというところで、調査がされています。結構まとまっていると思うので参考になるかなと思います。あとブロックチェーン技術の説明も分かりやすいと思いますので、ぜひ見てみて下さい。

今後ブロックチェーン技術をどう使っていくかということがもっと今後議論されていき、サービスが出てくると思うので勉強しておいて損はないかなと思います。

おわりに

今回はブロックチェーンの本当に簡単な話と、それらが空き家と関連していきそうだという話でした。とくに土地の権利などはどうブロックチェーンになるかなどは理屈では分かるものの、実際にどう生活シーンで使える形になるかが面白そうですね。また関連がありそうなニュース等もとりあげてみたいと思います。

RSSでもご購読できます。