空き家ニュース

住宅確保要配慮者向けのセーフティネット住宅件数は半年で622件だった

住宅確保要配慮者向けの国交省制度が新設されて時間が経っています。本ブログでも、2017年2月では国交省の住宅確保要配慮者への空き家活用制度について調べてみたで細かく見て、その後2017年11月に住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度が始まっていますで少ししらべています。

当初、17.5万を2020年度末に掲げている目標がどの程度の感覚かわかりませんでしたが、「断らない賃貸」広がらず 高齢者支援策、家主にリスクによれば目標値の0.4%となっているため、厳しい印象です。同記事から何が広がらないかを調べてみたいと思います。

続きを読む

福岡県が県内版空き家バンクを作ろうとしている

今年に入って福岡県で自治体空き家バンクを束ねたシステムを作るというニュースがありました。都道府県自体が手がけるものは既にあるかもしれませんが、九州では初ということで調べてみました。ソースは、空き家情報を一元化 福岡県が市町村の物件ネット集約へ 利便性高め中古市場を活性からです。

続きを読む

全国版空き家バンクの半年間成約数はどの程度有効化を検討してみた

全国版空き家バンクの運営が本格化したようです。本格化自体の意味は分からないのですが、成約数データが出てきたので、それらはどういう数字で何を意味するかを考えてみます。ソースは、全国版空き家・空き地バンクを高機能化空き家・空き地バンク 全国情報を一元化 国交省からです。

続きを読む