空き家対策

自治体で解決出来る空き家対応は既に限界

毎日のようにどこかの市区町村で空き家解体があるとはいいませんが、続々と特定空き家指定の空き家が生まれています。しかし、特定空き家にしたから何か解決することはなく、自治体の対応が求められます。とはいえ、自治体だけに任せられるのかというともはやそうではありません。

続きを読む

実家の相続にて起こり得る課題を考える

相続をした後では仕方がないですが相続する前から学んでおけば色々と対処ができそうなこともあります。もちろん私も含めて多くはその必要性が感じられなかったから勉強していなかった、何も対策をしていなかったわけです。一方そういう時に少しだけでも勉強すれば有益になることも多そうです。

続きを読む

犬山市が空き家予備軍対策事業を開始

空き家問題は「空き家率」など発生する空き家に注目しがちです。そして、その空き家をどうするかという話が多いです。

今回は空き家予防、とりわけ空き家予備軍への対応を始めた犬山市について見ていきましょう。

続きを読む

豊橋市、東海市の特定空家の数を検証する(名古屋市と較べて)

愛知県自治体の空家等対策計画が色々あがっているのでチェックしています。今回気づいたのは、先回名古屋市の特定空き家数(市民からの通報から調べた件数)は確か200件程度だったと書きました。名古屋市民にもある特定空き家に関する誤解「特定空き家等だから税金が上がる」の真ん中あたりに書いています。

さて、今回は手元にある愛知県にある豊橋市、東海市の特定空家等のデータを見ていきます。

続きを読む

空き家問題に司法書士はどういう視点で仕事をするか

愛知県司法書士会主催「市民セミナー(「相続登記」・「成年後見」からはじめる空き家対策の第一歩~放っておくとコワイ空き家の話~」へ参加してきました。今回は、資料として頂いた「司法書士アクセスブック 放っておけない空き家の話」という小冊子から空き家の相談事例と司法書士の観点について考えてみます。

続きを読む