空き家対策

空き家所有者の親が認知症になったら成年後見制度で対応できる?

例えば空き家所有者である親が認知症になるケースがあります。認知症の人はどれくらいいるの?では、65歳から69歳までで1.5%、70歳から74歳までで3.6%、75歳から79歳までは7.1%、80歳から84歳までは14.6%、そして85歳以上では27.3%となり、85歳以上では4人に一人という割合です。結構多いですね。

今回はこの認知症になったら、成年後見制度があるから大丈夫という話を聞くわけですが、一体成年後見制度とは何かを考えていきたいと思います。

続きを読む

空き家リフォームが解決策になるのは稀

人が住んでいた家が空き家になり2年もすると、リフォームしないと住めないほど劣化します。空き家をリフォームすれば良いというシンプルなアイデアは悪くないですが、それだけで何か活用出来ると考えるのは早計といえそうです。今回は空き家をリフォームしていく場合について考えてみます。

続きを読む

大家さんが直接物件掲載できるウチコミが関西エリアに拡大。

ウチコミ!というサービスが好調のようです。会員数は約2万人ですが、一般の人が対象でなく、物件所有者である大家さんがそれだけいるということになります。

東京中心で展開していたサービスが、関西エリアについ先日展開されサービスを開始したようです。今回は、ウチコミ!について書いてみます。

続きを読む

火災保険を使ったリフォーム詐欺を予防する

空き家とはいえ建物なので火災保険に入っている方も多いと思います。(空き家自体に保険に入るべきか、または保険がつくかどうかはまた調べてみます)

さて訪問販売の一つだとは思いますが、リフォームを火災保険を使って行うというのが一つの仕組みとしてあるようです。この是非は真っ当に使うことは良いのですが、詐欺もあるようです。今回はそのあたりについて調べてみました。

続きを読む

国交省が先駆的空き家対策モデル事業を開始していた

国交省が平成28年度事業として、先駆的空き家対策モデル事業というのをやっています。

公募が4月から5月で、全体予算額は1億2千万円、応募団体は59件あり、採択団体は20件のようです。こちらの先駆的空き家対策モデル事業が気になったので調べてみました。

続きを読む

空き家の発生を抑制するための特例措置が2016年4月1日から適用開始

譲渡所得の減税処置ということでちらちら見ていたのですが、突っ込んで調べたことがなく、スルーしておりました。

今回、国交省のサイトで確認したのですが、今年2016年の四月から適用開始されています。なお、相続開始期間は2013年1月2日からとなっていますので、対象になる方はチェックすべきです。ただ各種条件があるのでそのあたりに注意というところですね。

続きを読む

民泊特区とは何か?

日本への訪日観光客数は1500万に少し足りないようですが、2020年までに4000万人へという政府の目標が発表されたようです。

 

現在の2倍以上となるわけですが、その目標値がどうかはおいておいて、そのために民泊、または民泊特区という制度を用いてどんどんと訪日外国人のニーズを捕まえていこうということですね。

続きを読む