空き家活用

国交省の住宅確保要配慮者への空き家活用制度について調べてみた

国が空き家を高齢者や低所得者や子育て世帯など向けに賃貸住宅登録制度を始めるという話があります。国交省で「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案」を閣議決定となっています。日経新聞では空き家登録17.5万戸目標 国交省、単身高齢者などに賃貸でニュースとなっています。

住宅確保要配慮者と長い名前は、注意書きでもありますが「※ 高齢者、低額所得者、子育て世帯、障害者、被災者等の住宅の確保に特に配慮を要する者」とあります。これらについて少し資料を見て考えてみます。

続きを読む

家いちばで要らない家を売る。欲しい空き家を買う。

自分が所有している空き家を売りたい。しかし地元不動産や大手不動産はもちろんそもそも売買の話にならない。

彼らも商売ですから明らかに自社の商品として売れないとか、中古リフォーム業を行っていても売れそうにない賃貸できそうにないものは断ってくるはずです。

そういう場合はどうしたらいいか。例えばアナログ的ですが、空き家の売買サイトを活用してみてはどうかという話です。

続きを読む

古い家、築古物件の空き家所有者に朗報。全国古家再生推進協議会は築古物件を再生するスペシャリスト。

特定空き家という空き家はかなり少ないわけですが、とはいっても所有している空き家が相当古い物件で(築40年以上、戸建て)、さらに立地が悪い、または道路に接していないため再建築不可。そんな場合はどうしたらいいのでしょうか。

今回は、一般社団法人 全国古家再生推進協議会(以下、全古協)での古家再生成功事例について調べてみました。

続きを読む