家いちばで要らない家を売る。欲しい空き家を買う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分が所有している空き家を売りたい。しかし地元不動産や大手不動産はもちろんそもそも売買の話にならない。

彼らも商売ですから明らかに自社の商品として売れないとか、中古リフォーム業を行っていても売れそうにない賃貸できそうにないものは断ってくるはずです。

そういう場合はどうしたらいいか。例えばアナログ的ですが、空き家の売買サイトを活用してみてはどうかという話です。

空き家売買サイト 家いちば

家いちばはその名前の通り、家を市場のように直接売り手と買い手が売買できるサービスです。ただ、そもそも不動産売買が仲介会社が入っているのはそれなりの不動産の売買リスクがあるからだと考えられます。そこは考えられていて、素人同士がやり取りして、契約の段階で家いちばが仲介するということになります。

ポイントは通常の半額手数料

例えば通常手数料が売買代金の3%+6万円のところ、家いちばは売買代金の1.5%+3万円となります。これをやすいとみるかどうかですが、400万、200万、100万以下の場合それぞれ変わるようです。400万であれば、通常であれば16万円+2万円で18万円ですが、家いちばでは9万円となります。

この半額の理由を、家いちばでは、「セルフサービス」で事前調査等をしてもらうために安くできるとあります。100万以下の場合、調査費用を5万計上しているので、おそらく最低でも5万円程度は「セルフサービス」でないなら必要と考えられます。

つまり、安くあげたいなら自分で調べれば安くできる。もちろん有償サービスですが、建物診断から地盤調査、耐震調査などもあるので不安な点を入れていくのもありかもしれません。もちろん、セルフサービスなんて考えられないという方はサイト利用はおすすめできません。考え方としては、コストを省いた提案サービスに近いです。例えば航空会社でLCCのコスト削減などほど劇的ではないですが、シンプルに業務を省くことでサービスの快適さは消えますがお客さんが選べることになります(参考:LCCはどうして安いのか?)。

愛知県の元郵便局物件

愛知県は1件のみですが、愛知県の東栄町の物件が出てきます。タイトルは、父親の建てた郵便局ということで、ここからみても普通の売買サイトとは違ったことが伺えます。

案内では、事務所としてはいいが一般住宅としてはいまいちとあり、どういう経緯で所有しているかが書かれています。この物件がほしい人がどういう人になるかは分かりませんし、事務所をそこでやるというとぱっと思いつかないというのが正直なところです。

一方で投稿者は亡き父の言葉として管理者不在なら売却ということで売却したいということになったようです。

一つの物件にストーリーがあれば、何かうまい活用方法がないか考えたくなるかなと思いました。

おわりに

こういった物件売買サイトは本来であれば、物件数や売買数などの取引量が多いとか、見やすいとかそういうことになりがちです。一方でニッチなところをついて、既成の整備されたフォーマットとして市場に出てこないものでも欲しい、または売れるなら売りたいというニーズも多いのではないか、そんなところを狙ったサービスだと言えるでしょう。

まずは試しに登録してみて、どうなるかを検討してみても面白そうです。売買自体はマイペースで、すぐ売りたいから、希望者がいればというところまで自由な感じがあるようなのでその緩さがうまくマッチするといいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名古屋の不動産市場を知る

日本ランドエンジニアリング株式会社では、数年に一度のペースで、名古屋中心部エリアの不動産状況を調べています。2017年度は変貌する名古屋5(2017年6月作成)を発行致しました。名古屋の不動産市場を見るデータとしてご活用頂ければ幸いです。

名古屋中心部エリアの調査レポートです。表紙、裏表紙込みで全体で12ページとなっています。配布ファイルはPDF(約2.5MB)で、データファイルはA3サイズですが、A4の縮小印刷でも可読可能です。

レポート内容は、

1.建物の主たる利用別用途図(P.2-3)

2.建築中および5年以内に新築・建て替えられた建物(P.4-5)

3.既存および建築中ホテル(P.6-7)

4.所有権の異動(売買および相続)(P.8-9)

5.投資法人が所有する建物(P.10)

6.名古屋市中心部の状況(P.11)

となっています。

PDFデータをご希望の方は「レポートを請求する」からご連絡くださいませ。

空き家の教科書では、「空き家」だけに注目するのでなく、「空き家」から派生する不動産市場についても注目し、それらの動向を考えることでより空き家の理解を深められる、次の一手や戦略が立てられるようになると考え、本資料を配布しております。

レポートを請求する

RSSでもご購読できます。