火災保険を使ったリフォーム詐欺を予防する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

空き家とはいえ建物なので火災保険に入っている方も多いと思います。(空き家自体に保険に入るべきか、または保険がつくかどうかはまた調べてみます)

さて訪問販売の一つだとは思いますが、リフォームを火災保険を使って行うというのが一つの仕組みとしてあるようです。この是非は真っ当に使うことは良いのですが、詐欺もあるようです。今回はそのあたりについて調べてみました。

火災保険でリフォームはできるか

リフォームとは修理以上に改修という意味でよりよくする意味です。よって、屋根が壊れたから屋根をリフォームをするのは出来ないと考えた方がいいです。なぜなら火災保険はそういった天災に対しての万一の時の補償であって、現状復帰のためと考えられるからです。

そもそもリフォームと火災保険を一緒に使っている時点でアウトだと思いますが、その当たりを知らない人につけ込んで来るのが現状といえそうです。

火災保険の正しい使い方

基本的に、火災保険は火事だけではなく、台風、暴風、ひょう、雪災などの被害も対応しています。名前が「火災」とつくのは、火事などの天災と理解すればいいかなと思います。

実際に悪徳業者が訪問販売で来てトラブルとなるケースが多いようです。悪徳業者は自分たちは悪徳業者ですなんて言うわけがないので、「あなたのために良い話を持ってきました」「やらないなんて損です」という体で来るはずです。

一般社団法人日本損害保険協会では、住宅の修理に関するトラブルにご注意という記事で注意を呼びかけています。実際のトラブル事例も載っていて予防に使えそうです。ぜひ知らない方はご一読されたほうがいいかと思います。

さて正しい使い方としては、単に被害があったと思ったら契約している火災保険会社(又は代理店ですね)に電話して確認していく形になると思います。当たり前ですが老朽化などの経年劣化は対応できないので、自然災害かどうかを鑑定会社が判断して被災であれば保険金が下りるということですね。

火災保険自体は保険料を支払っているので当然の権利です。当然保険会社もビジネスなので、災害が多く申請が多いと、保険料の値上がりになるわけですね。

火災保険詐欺を見極めるポイント

いくつかサイトを見ていておそらくこれらに気をつければまたは知っていればトラブルは深刻にならない(お金を多額に払うとか)と感じました。以下にまとめます。

1.台風やゲリラ豪雨などの自然災害の後に気をつける

悪徳業者側の心理であれば、そういった自然災害後の方が人は引っかかりやすいと言えそうです。穏やかな気候で被害がないなら引っかかりづらいわけですから。

火災保険の代理申請詐欺に要注意!台風やゲリラ豪雨の後にあなたは狙われる!では、保険代理申請については別に問題はない仕組みということも書かれています。だから悪徳業者であっても代理申請が出来てしまうので、契約書に悪徳業者に有利なようにしておけば後で「無料」といっていても、請求できるのでお金をそこから取ろうというわけですね。文字通り悪徳ですね。

ここからいえるのは、自然災害などがニュース等であったり、または実際に被災されたら気をつけるということです。被災した人に同情するのは人間的にも普通だと思いますが、それにかこつけてというのは悪徳ですね。もちろんきちんとした会社は代理申請もして保険金で賄って工事をして修繕するという会社もあるわけですが、訪問ではまず怪しいと思ってもいいと思います。

2.老朽化などは保険対象外。色々請求出来るといったらまずアウト

仮に訪問販売が全てNGではないにしても、限りなく怪しいとして、営業マンがどういう話をするかです。その場合、老朽化などは対象外ですし、嘘の理由を入れてもばれないですというような軽いトークはまずアウトです。

実際に対象外なのはもちろん、保険金詐欺となる可能性もあるので辞めましょう。要は保険を正しく使うだけです。自分だけ得したいという心理を突いているのだと思います。

3.契約前に国民生活センターなどの情報をチェックする

実際に初めての手口にあうよりも、既にトラブル事例があるものに引っかかるケースのほうが確率的には高いといえそうです。よって、当然その場で契約はしないことは最もですが、国民生活センターなどの情報を読んでトラブルかどうかをチェックしましょう。電話相談などもしてもいいと思います。こういった組織は国民の権利といえるので困ったときは使うべきです。

2012年と数年前からあるトラブルといえそうですが、「保険金が使える」という住宅修理サービスの相談が増加!-解約料として保険金の50%を請求されたり、代金を前払いしたのに着工されないことも-ということで、事例とそれに対する消費者アドバイスも書かれており参考になります。

訪問販売だけでなく電話勧誘販売でもクーリング・オフが適用されるので8日間であれば無条件に契約を解除できます。8日間は長いようで短いと思うので、怪しいなと思ったらすぐ調べたり相談するのがいいと思います。クーリング・オフも知らない方もいると思いますが、知っていれば一方的に解除できるわけです。マルチ商法や内職商法等は20日間までいけるのでそのあたりも上の記事を読んで防衛しましょう。

4.何か進めるときは根拠や事例を確認する

火災保険でリフォームは事実上は嘘となります。なぜなら火災保険は修繕や補修のためだからです。言葉遊びや言葉のアヤということではなくそういって近づいてくる人は怪しいといえそうです。またトラブル事例では、契約している保険会社と関係がないケースも多いので、結局第三者が勝手に来て何かうまい話をしてだまされるということでしょう。

また被害に遭うのはシニアを中心に訪問販売でということなので、持ち家、当然空き家もそうですが、持っている方は注意が必要です。うまい話はありませんが、うまい話の中に色々な罠が仕掛けられているものです。例えば「なんで保険金が下りるのか」の仕組みを知っていれば、対象外であろう補修に費用を出すわけがありません。そういう勘を鍛えておくと同時に、まずは事実や根拠を確認するのがこの火災保険詐欺だけではなく予防となるかと思います。

インターネットで訪問してきた業者名を検索するとか、携帯電話で調べるとかそういうこともぜひやりましょう。

おわりに

今後起こり得るかもしれませんが、空き家を見つけてそれで修繕費用を火災保険で直しましょうという営業マンが飛び交うかもしれません。その場合はまず怪しいと思っていいわけですが、とはいえ自分で申請したり契約した火災保険会社に相談するのは正しい使い方といえそうです。

悪徳業者は常にどうだますかに長けているので、当然空き家の火災保険も狙ってくるのではないかと考えられます。空き家だから何か違うことはなく火災保険は同様のはずです。そういったトリックにだまされないように今回の記事が一助になれば幸いです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。