民泊が住宅地で解禁になるかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

民泊の活性化ということで、ついにというかこの流れがあったのでしょうが、民泊が住宅地でもOKとなったようです。

住宅地でも営業可能な新法が2017年政府提案予定

ソースは日経新聞から。

 

新法自体は2017年国会提案ということでまだ先ですが、これを視野に入れて考えていくことが重要になりそうです。

要点としては、

  • マンションや戸建ての住宅地でもOK
  • インターネットで申請可能(都道府県に申請)

などです。

当然、メリットも大きいようですが、デメリットとして、民泊競争も激しくなり、より旅館ホテルなどのプロ側の対応が求められるというところでしょうか。旅館ホテルなどのプロ側と、アマチュア民泊とすると(もちろんプロの民泊業者ももっと出てくると思いますが)その立ち位置や提供理由など様々なことが異なるので比較が難しいところです。

Airbnbとホテルどちらがいいかという選択肢はややナンセンスで、旅行者が見合うというもの、満足できるものを選ぶだけですからね。そういう意味で、住宅地等で誰でも民泊が出来るとなると、旅行客の選択肢は増えて、旅行客が増える分にはパイを分け合うだけでいいですが、仮にプロ側が恩恵を受けづらい場合、アマチュア民泊を批判する構図も起こり得ることが容易に想像できます。

自治体で民泊を事実上禁止としたところも

 

こちらの記事では、

 今年に入り、長野県軽井沢町と東京都台東区は民泊を事実上禁止した。地域の事情を踏まえた自治体独自の動きも始まっている。

とあります。事実上禁止とは、要するに民泊禁止ということでなく、現実的に出来なくしたというニュアンスとなる。

どういうことかというと、

こちらのサイトに詳しく説明がありますが、旅館業法施行令の一部改正でもありました、フロントと営業者の常駐が必須というところです。これはワンルームマンションで仮に民泊を行うとすると、ワンルームマンション内で一人の営業者、フロントがあることになるのですが、営業者のコストもかかりますし、フロントを設備的に設置できないというところで事実上無理、ということになります。

そもそもワンルームマンション自体は一部屋にキッチン等が付随するスペースでしかないので、スペース的にも無理ですし、無理にやることも可能かもしれませんが、そんな民泊はまず客目線では使わないですよね。

大きな流れは?

大きな流れは観光立国、4000万の訪日観光客を集める。そのためにホテルを作るとかはもはや無理なので、民泊で対応していきたい。一方で市民生活や日常でトラブルが起きないためにルールを設けていきたいという自治体。どちらの言い分も理解が出来ます。

事業という意味で言えば、新規に立ち上がる事業でオペレーションエラー、例えばここではグレーゾーンでの民泊運営とか、既に問題になっている近隣住民とのトラブルですよね。これらは当然増えるわけですが、一方で学習したり、または制度を柔軟にしたり、対応をしていくことでトラブルとならなくなる可能性もあるわけです。

厳密なルールは自由さをなくします。とはいえルールなきところでは怖くて出来ません。

空き家所有者にとっては、うわべだけみれば、民泊住宅地解禁等は良いニュースですが、実際にやるとすると色々な課題が起きるわけで、近隣に配慮するとまず民泊などやらないという方が多いのかなという印象です。例えば民泊をする人達が集まるエリアを作るなど、色々なアイデアが出てくると思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。