民泊など◯泊という言葉は他に何があるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

民泊というキャッチーな言葉から、◯泊という言葉が「宿泊関連」のイメージを想像していろいろと広がっています。今回は、どんな◯泊があるか調べてみました。

伝泊

伝泊とは、地域の伝統的構法の空き家を次の時代につなげるための宿泊施設だそうです。奄美大島、佐渡、徳之島というように主に旅人が「暮らす」ように泊まれ、その伝統や建築、歴史を感じられるという取り組みとなっています。

建築家の山下さんが、平成29年の先駆的空き家モデル事業の中でも取り組みとしてやられていたので知りました。

伝統に泊まるというのはキャッチーでわかりやすいですね。外国人や国内旅行者も伝統を感じられる建物を見るのでなく泊まれるというのが秀逸です。アイデアとしてはあるけれど、実現できるのはあまり聞いたことがありません。

事業者やオーナー向けですが、伝泊可能性の評価書類があるのでそれらを元に自分の地域や施設が何か出来ないかというのを考えるの面白いかもしれません。佐渡の伝統的建築ページにその書類があります。

民泊

こちらも認知度は高いと思いますが、国が民泊新法によりサイト新設もされていたので、ついでに紹介しておきます。民泊制度ポータルサイトが国交省の民泊サイトとなります。

民泊とは何かですが、民間住宅などに旅行者を泊めることです。それらが法的にはグレーだし違法ではないか、実際にトラブルもあるということでそれらを規定したのが住宅宿泊事業法となります。

こちらのはじめに「民泊」とはには、既存制度の旅館業法、国家戦略特区法などと比較されているので非常にわかりやすいですね。

農泊

農泊は、農山村などの農家民宿などに住んでその土地の魅力をしってもらうというものです。農山漁村滞在型旅行というようですが、要は田舎に泊まろうということですね。

農林水産省が農泊を中心とした都市と農山漁村の共生・対流で、いろいろとまとめていました。STAYJAPANでは農泊のポータルサイトということでいろいろな農泊先があります。

おわりに

新しい言葉が造られてイメージが伝わるのは良いですが、一方でネガティブなイメージがつくとまた辛いというのもあり、なかなかうまくいくわけではないですね。

これは民泊に限らず、インターネット、ゲームなど色々な言葉に言えることです。また面白そうな◯泊が見つかったら紹介してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。