空き家解体ローンなど銀行ローンについて調べてみた

空き家を例えば取り壊す場合は取り壊し費用がかかります。その場合、現金がなくても、ローンを組んで返済していくことも一つの選択肢となると思います。本来であれば、例えば新築など建物を建てるときに、修繕費用を積み立てるように、「取り壊し」「売買」向けの費用を積み立てておくのが理想かなと思います。

現状そうはなっていないわけですが、今後の時代の流れはそうならざるを得ないと思っています。

さて、今回は、空き家ローン、空き家に関して費用を借り入れたり、ローンできる仕組みが何があるかを調べてみました。空き家解体ローンが増えているよ。空き家はほっとくとダメって法律もできたよ。を参考にして、もう少し調べてみたというところです。

続きを読む

空き家所有者の親が認知症になったら成年後見制度で対応できる?

例えば空き家所有者である親が認知症になるケースがあります。認知症の人はどれくらいいるの?では、65歳から69歳までで1.5%、70歳から74歳までで3.6%、75歳から79歳までは7.1%、80歳から84歳までは14.6%、そして85歳以上では27.3%となり、85歳以上では4人に一人という割合です。結構多いですね。

今回はこの認知症になったら、成年後見制度があるから大丈夫という話を聞くわけですが、一体成年後見制度とは何かを考えていきたいと思います。

続きを読む

空き家リフォームが解決策になるのは稀

人が住んでいた家が空き家になり2年もすると、リフォームしないと住めないほど劣化します。空き家をリフォームすれば良いというシンプルなアイデアは悪くないですが、それだけで何か活用出来ると考えるのは早計といえそうです。今回は空き家をリフォームしていく場合について考えてみます。

続きを読む

名古屋市名東区主催「空家対策&利活用法セミナー」に参加したので、簡単なレポートをお届けします。

名古屋市名東区役所で開催された「あなたの空家問題を考える 空家対策&利活用法セミナー」に参加してきました。主催は名東区役所と名古屋市市民経済局で、名古屋市では空家セミナー開催は初のようです。どんな話だったかを簡単にまとめてみたいと思います。

続きを読む

愛知県津島市の空き家再生プロジェクト空村を振り返る

空き家再生という視点のアイデアは多くあって損はないというか、選択肢は多い方が良いんじゃないかと思ってます。

今回は、空き家再生の図鑑!「空き家再生データバンク」の実用化に期待を読んで、津島での空き家再生プロジェクトなど取り組みなどをざっと追っていきたいと思います。愛知県の空き家再生事例などでまだ成功しているとかはいえないでしょうが、どんな形で進んでいるかを知りたい方には参考になるはずです。

続きを読む

大家さんが直接物件掲載できるウチコミが関西エリアに拡大。

ウチコミ!というサービスが好調のようです。会員数は約2万人ですが、一般の人が対象でなく、物件所有者である大家さんがそれだけいるということになります。

東京中心で展開していたサービスが、関西エリアについ先日展開されサービスを開始したようです。今回は、ウチコミ!について書いてみます。

続きを読む