空き家バンクの情報集約化が来年度進む模様

空き家バンクは全国の自治体で独自運営されています。実際は、空き家バンクが何か空き家対策に対して抜本的なものになるということではなく、啓発や自治体のポーズとして見せるということも多いと思います。良くも悪くもですね。

続きを読む

空き家の発生を抑制するための特例措置が2016年4月1日から適用開始

譲渡所得の減税処置ということでちらちら見ていたのですが、突っ込んで調べたことがなく、スルーしておりました。

今回、国交省のサイトで確認したのですが、今年2016年の四月から適用開始されています。なお、相続開始期間は2013年1月2日からとなっていますので、対象になる方はチェックすべきです。ただ各種条件があるのでそのあたりに注意というところですね。

続きを読む

空き家所有者になる前から知っておきたいサイト

空き家問題は非常に大きな課題であり、社会問題となっています。

国家や行政等の都市計画や住宅開発等の大きなレベルから、空き家所有者が行うべきことまで様々です。本サイトは当然国の政策を変えよなどという政策の話ではなく、空き家所有者の立場から何が出来るかを考えています。

もちろん、国による空き家特措法が出来たことはグッドニュースですが、それにより空き家問題が解決するかはどうやら別問題で、まだまだ時間のかかる課題であり、長いつきあいが必要でしょう。

続きを読む

民泊が住宅地で解禁になるかもしれない

民泊の活性化ということで、ついにというかこの流れがあったのでしょうが、民泊が住宅地でもOKとなったようです。

住宅地でも営業可能な新法が2017年政府提案予定

ソースは日経新聞から。

 

新法自体は2017年国会提案ということでまだ先ですが、これを視野に入れて考えていくことが重要になりそうです。

続きを読む

民泊特区とは何か?

日本への訪日観光客数は1500万に少し足りないようですが、2020年までに4000万人へという政府の目標が発表されたようです。

 

現在の2倍以上となるわけですが、その目標値がどうかはおいておいて、そのために民泊、または民泊特区という制度を用いてどんどんと訪日外国人のニーズを捕まえていこうということですね。

続きを読む

空き家対策は早めの選択肢でリスクを最小限にする

空き家を所有する、または相続等で家をもらうなどの場合、それらのイベントが起きてから考えるのではなく、起きる前に考えておくのが筋がいいといえそうです。

空き家を持ったらどうしたらいいか。選択肢はそこまで多くなく、売る、貸す、管理する、住むなどです。もちろんどれが最善かは所有者の意志や意図によるので、ケースバイケースなのですが、これらそれぞれの選択肢について検討しておくことが大事となりそうです。

続きを読む

民泊解禁といわれる「旅館業法施行令の一部」が改正について調べてみた

民泊とは、一般の物件に外国人等の旅行者を泊めることだと理解していますが、旅館業法に違反するというところで、非常にグレーな形で運用されてきたのが実態だと思います。

ところが、今年2016年の4月1日付けで、旅館業法施行令の一部が改正となっており、事実上の民泊解禁という見方が出来そうです。

他サイトを参照しながらこのことについて考えていきたいと思います。

続きを読む