ふるさと納税を使ったお礼としての空き家管理サービスアイデア

ふるさと納税が話題となりましたが、空き家の管理に対してもふるさと納税へのお礼としてサービスをうまく使う自治体があるようです。

神戸市では、ふるさと納税を3万円に対して、シルバー人材センターの1日草むしりが1万円引きとなるということをやっています。他にも空き家とふるさと納税に関わるサービスがないか調べてみました。

続きを読む

地面師という不動産売買詐欺にご注意

地面師という言葉をニュースで見かけました。実際に言葉としては私は初耳だったのですが、調べると、不動産売買において例えば、その所有者と偽ってなりすまし(偽造印鑑や偽造証明書などを作る)売買をしてそのお金をかすめとるという手法です。

一見すると、そんなのさすがに騙されないのでは?と思いたいのですが、なんとプロが騙されてしまっています。地面師について少し調べてみました。

続きを読む

国交省の住宅確保要配慮者への空き家活用制度について調べてみた

国が空き家を高齢者や低所得者や子育て世帯など向けに賃貸住宅登録制度を始めるという話があります。国交省で「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案」を閣議決定となっています。日経新聞では空き家登録17.5万戸目標 国交省、単身高齢者などに賃貸でニュースとなっています。

住宅確保要配慮者と長い名前は、注意書きでもありますが「※ 高齢者、低額所得者、子育て世帯、障害者、被災者等の住宅の確保に特に配慮を要する者」とあります。これらについて少し資料を見て考えてみます。

続きを読む

相続税対策の養子縁組が有効というニュースあり

先日、日経新聞において相続税対策の養子有効という記事が出ていました。他のメディアでも取り上げているのでソースは各自調べてもらえると嬉しいです。(最高裁の判決前のニュースも参考までにどうぞ。「相続税対策で養子」無効は覆るか 最高裁で31日判決

さて、相続と空家の関係ですが、もちろんあります。簡単にいえば、親が住んでいた家がその親の所有物であれば、不動産等も相続されるので、空家を相続する形になるという見方です。

続きを読む

家いちばで要らない家を売る。欲しい空き家を買う。

自分が所有している空き家を売りたい。しかし地元不動産や大手不動産はもちろんそもそも売買の話にならない。

彼らも商売ですから明らかに自社の商品として売れないとか、中古リフォーム業を行っていても売れそうにない賃貸できそうにないものは断ってくるはずです。

そういう場合はどうしたらいいか。例えばアナログ的ですが、空き家の売買サイトを活用してみてはどうかという話です。

続きを読む

空き家に火災保険はつけられるかどうか

全国賃貸住宅新聞にて空家賠償責任保険を販売が飛び込んできました。これ自体は「空き家事業者」であり、空き家所有者の個人や法人でなく、事業者向けの保険となります。空き家管理事業者が思わぬトラブルをカバーするのが目的です。

一方で、この保険商品から疑問に思ったのは、そもそも空き家所有者は火災保険に入ることができるかどうかです。

続きを読む