住宅確保要配慮者向けの国交省制度が新設されて時間が経っています。本ブログでも、2017年2月では国交省の住宅確保要配慮者への空き家活用制度について調べてみたで細かく見て、その後2017年11月に住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度が始まっていますで少ししらべています。

当初、17.5万を2020年度末に掲げている目標がどの程度の感覚かわかりませんでしたが、「断らない賃貸」広がらず 高齢者支援策、家主にリスクによれば目標値の0.4%となっているため、厳しい印象です。同記事から何が広がらないかを調べてみたいと思います。

続きを読む