自治体のまちづくりということで、滞在時間を増やすのはどこでも課題になりやすいでしょう。その場合、外部サービスから流入や認知を増やすのは一つの手です。matataviという旅のしおりを作成するシンプルなサービスが面白かったので、ポテンシャルを含めて紹介します。

続きを読む