0円譲渡可能な不動産をマッチングするみんなの0円物件を見てみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

札幌の経営コンサルティング会社であるTRYOUTが運営するみんなの0円物件というサイトが出来ています。今回はこのサービスについてみていきたいと思います。

みんなの0円物件とは

北海道新聞の「0円不動産」サイト開設 札幌のコンサル 「空き家対策に」で知りました。

株式会社TRYOUTは経営コンサルティング会社です。代表の中村さんの実体験から、空き家の有効活用や再利用を促進できればという想いから始まったようです。北海道新聞に0円物件サイトに関する記事が掲載されました

みんなの0円物件は、無償譲渡できる物件が掲載され、全国でマッチングが出来るというサイトになります。

どんな物件があるか

空き家のマッチングサイトは多数出てきています。結論的に物件自体がコンテンツとなりますが、一方でどういう会社や人が運営しているか、核となるもので全く変わってきます。

2019年7月10日時点で、40物件の掲載があり、会社所在地は札幌ですが、北海道が多いということはなく、全国所在の物件があります。

面白そうなものはないかなということで、東海エリアが4件あったのでこれらを見てみましょう。

岐阜県本巣市は分譲宅地を無償譲渡

岐阜県本巣市|水鳥団地を無償貸付・6年後に無償譲渡されます

岐阜県本巣市のこの情報は全く知らなかったのですが、実際には平成10年度頃から分譲を始めているようです。該当エリアは10区画あります。

細かい条件は、本巣市サイトの水鳥団地無償譲渡ページでは、契約後3年以内に住宅を建設し、6年経過すると宅地を無償譲渡という形になっています。また条件として、50歳未満であったり、自治会参加誓約という点があったりそのあたりの詳細は要確認です。

本来は1区画200万前後ということですが、それが条件付きとはいえ無償で、かつこれらを行政が行うということに「負動産」自体とはいえ驚きを覚えました。

三重県鳥羽市は離島物件

三重県鳥羽市|都会に疲れた方、セカンドライフ移住考えてる方歓迎~5年賃貸で無償譲渡

鳥羽市などの地理に詳しくなかったので「鳥羽市街」にあるかと思ったら、坂手島という島にある物件です。

セカンドライフというのも面白いですね。5年賃貸という条件自体の理由はわかりませんが、おそらく島内コミュニティやそこで居住する場合に近隣とうまくやっていけるかの見極め、適性があるのかなと感じました。

コリビングやデュアラーと呼ばれる人達がシェアをして住むという動きはわりと面白く、そういうライフスタイルとマッチしたり、そういう生活をしたい人には面白そうな物件ですね。

最近ではADDressなどの多拠点居住サービスなどがありますよね。

他サービスとの違いは何か?

例えば行政が行っている空き家バンクの物件で、それらが0円で譲渡可能なものがたまたま伊賀市でありました。これらは空き家バンクは数百万円は値がつけられている場合が多いですが、その中で「0円」をみんなの0円物件に掲載したと考えていいでしょう。

行政が掲載すると、このように空き家バンクが情報源となることから、全国版空き家バンクと情報が重なる印象も受けます。

一方で、マイナス負動産であったり、0円物件というもの自体がまだまだ少ないため、既存のものと仮に同じあっても露出が増えるためいいのかなとポジティブにも感じました。

ノウハウ記事が面白い

無償譲渡、とくに不動産の知識については端的に解説されていて面白く読めました。

【無償譲渡の前に】知っておきたい不動産実勢価格の調べ方について

また、みんなの0円物件というサイト名から誤解される方もいると思われるため、0円で取得が出来るわけではない(不動産価格自体は0円)というところで、

実はゼロじゃない?不動産の無償譲渡にかかるお金とは【事例付き】

この事例では贈与税の課税価格は、0円譲渡などは贈与に該当するという判断だった(またはそのように国税丁が判断すると思われる、詳しくは専門家へ確認してみてください)ということなのでしょう。固定資産税評価額で約200万円で、贈与税が1割程度約10万円かかっています。

不動産もですが、このように0円物件でも基本的に不動産取得にかかる知識は必要であるので、税金や専門家への費用についてはしっかりと計算されたほうがいいでしょう。

上の事例では、0円でもらったけど、実際には約23万の税金+初期費用がかかり、かつ年額で固定資産税のみで9,400円かかることになります。固定資産税という税金自体を知らない方には全く嬉しくない話なんですが、そういったルールになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。