2019/9/25不動産考える力200%アップセミナー「これからの不動産市場」のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は当社セミナーのお知らせです。空き家という直接的なテーマではないのですが、結局考えていくと、社会の流れや不動産市場や世の中の動きを見ていくことになります。当ブログよりもよりロジカルな感じやデータから学びたいという方におすすめです。

不動産考える力200%アップセミナー「これからの不動産市場」

セミナー自体は、毎年6回ほど開催しております。名古屋開催となるため、東海エリア向けの方を想定しています。もちろん遠方からのご参加も嬉しいです。今回は9/25開催セミナーのお知らせとなります。

今回の内容は、「これからの不動産市場」ということで広めのテーマですが、基本的に今後どうなっていくか、今の社会や時代の流れはどうか、何を見ていけばいいかという視点のご提供となります。

基本的に不動産オーナー、アパート・マンション大家様向けとなります。そうでなくても参加は可能ですが、不動産市場を考えるという切り口に対してモチベーションが高ければいいのではないかという感じです。

セミナー概要

不動産考える力200%アップ!セミナー「これからの不動産市場」

不動産 考える力アップ!!セミナーとは

土地や建物などの不動産は、環境の変化、法改正、社会情勢の変動などさまざまな要因によって、その経済的な「価値」を絶えず変化させています。

現代の不動産の価値は、「適正な価格」と「適正な不動産利用」で決まってきます。

不動産鑑定士は、その不動産の「適正」な価値を判断する唯一の資格者であり、不動産の利用に関するコンサルティング業務も行っています。

不動産に関して何らかの意思決定をするとき、前提となる状況や条件・問題等を整理し、適切な判断ができる材料を、みなさまにご提供していきたいと考えています。

ぜひ、ご参加ください。

日時

2019年9月25日(水)14:00~16:00

会場

愛知県産業労働センター ウインクあいち10階会議室 1007

450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面へ徒歩5分

参加費

お一人様 3,000円

講師プロフィール

不動産鑑定士 松田 静雄

日本ランドエンジニアリング株式会社代表取締役
昭和27年生まれ 岐阜県出身
不動産鑑定士・補償業務管理士・事業再生士補
社団法人日本不動産鑑定協会所属
青山学院大学経済学部・経済学科卒
名古屋市立大学・日本経済学科・大学院修士課程修了

お申し込み方法

お申し込み自体は、当社サイト問い合わせから直接か、セミナー掲載サイトからの2つとなります。セミナーの内容概要もそちらからご確認ください。

1.当社サイト問い合わせフォームからのお申込み

当社セミナー情報ページから、申込み受付中アイコンをクリックし、問い合わせフォームから必要事項を入力してください。

2.セミナー掲載サイトからのお申込み

セミナー情報.comのセミナーページか、賃貸経営博士のセミナーページか、どちらかをご利用ください。なおどちらも無料登録等が必要となります。

本セミナーの3つの特徴

不動産市場またはこれからの不動産を考えるという意味で、自分の力で考える、材料を集め自ら高めていくというのが本セミナーのコンセプトです。

特徴として3つあります。

1.中立的な立場からの考察

本記事執筆前に、不動産投資セミナーサイト等を調べてみたのですが、不動産投資的なノウハウ、物件購入、不動産管理(空室対策等)、税金対策、といったテーマが多いです。当然ながら、不動産投資であれば物件を購入してもらうために、多くは無料セミナーでした。

有料セミナーは全体の1割程度でした。しかもその1割も著名人が来るような内容であったり、投資ノウハウであったりということであくまで「不動産投資」がメインなんですね。

当社の場合は、何か不動産投資をおすすめするということはありません。また特定のスポンサー(会社等の協賛)はないため、中立的な立場が特徴となります。

2.データや根拠に基づく説明

当社社長でもある不動産鑑定士の松田が講師を務めます。本セミナーでなく小さな勉強会も以前はやっていましたが、「資料の提示」「根拠の提示」「考察」がコンセプトになります。

例えば予測のようなものであれば当てるのは難しいわけですが、一方で未来はどうにかなるかは分からないので考えないはさすがに厳しいと考えます。つまり、何かしら社会や時代を見るための材料を集め、そこから考えられることはこんなことがあります、どうでしょうかというある種の説明という形です。

そういう意味でセミナーという形ですが、勉強会やゼミナールという形です。もちろん参加者の方に意見を発表してもらうということはないためご安心ください。もちろん質疑応答はあります。

資料があるから良いということでなく、「適当に何かを述べている」わけではないということです。資料+意見で見方が食い違うということも当然あると思います。その場合はなぜそうかを考えていければ建設的な場になるのではないでしょうか。

当社が正しいとか間違っているということではなく、こう考えるがあなたはどう考えるか。というきっかけや切り口の提案というのが言葉としては適切な気がしています。

3.不動産市場について学べる場

これは特徴といえないかもしれないのですが、本セミナーのような勉強や学びを重視したものはほとんど見つけられませんでした。

理由は簡単だと思っていまして、主催者のビジネスになるためのセミナーや集客が重視されているからです。

とはいえ当社も営利企業という点ではビジネスをしているわけですが、本セミナーにおいてはバックエンドとしては、参加者の方からご相談を受けたりというところです。これも信頼や安心を感じた上でですので、こちらから押し付けることは全くありません。当然何か妙な教材を売りつけるとかそういうことはありません(笑)

我々のビジネスは不動産鑑定業やコンサルティングというところであり、パッケージとして「画一的」なものとするのは困難です。もちろん共通的なものはあれど、基本お客様の状況をヒアリングしそこからという関係性が非常に重要となります。例えば信頼がおけないならそもそも話が始まらないのと、お仕事にもならないわけですね。

ある参加者の方からは絶賛頂きまして、大変うれしかったです。頂いた言葉から感じたのは、当社の松田も掲げています「大局観を失わず、地道に努力する」というのが当社のモットーです。

つまり、丁寧にお客様に考え方や見方を説明することで、「ああ、このような考え方なのか、なるほど」と学んで頂いたり、「そういう感覚が大事なのか」と視点を参考に頂くということです。そのために当社はセミナーという形の場を設けさせて頂き、そこで何か感じて頂いたらご縁があればという形で運営しております。

世の中には大家さんの会など自主勉強会の場もありますが、自主的な場でないとなると、かなり限られる、とくにデータや根拠を提示してそこから考えるとなると相当少ないのではないかと考えています。

もちろん当社も単独で仕事をしているわけでなく、信頼できる士業の先生方やパートナーがあるから価値を提供できると考えています。

こんな方におすすめ

どういう方が向いているというか合うのかなと考えてみます。

ご自身で不動産経営をされている方はもちろん、そういった方で自身で考えたり、専門家の視点から学ぼうという方が多い印象です。

逆に何かしてくれるとか、勝手にやってくれるという方はおすすめしません。多くのプロなら言うのだと思いますが、プロでも出来ることは限られるため、お客様で何が足りないかを考えて頂くことは省けないからです。考えた上で相談する、またはこう考えたのだけどどう思うかならお話が進みます。

しかし、「何も考えてない」「考えたくない」なら、話が進まないということです。

不動産経営等をこれからするという方向けには少し内容が専門的かもしれませんが、面白いかどうかはテーマにもよりますから、そのあたりは気になればぜひというところになります。

もし本記事を見て参加される方がいらっしゃいましたら、「記事読んだよ」と書いて頂けると大変嬉しいです。会場にてお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。