香川県の空き家活用サポートチームは民間専門家をチーム化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

香川県が空き家利活用サポートチームを始めたようです。自治体の取組としては珍しいと思い調べてみました。

空き家活用サポートチーム

「空き家利活用サポートチーム」の登録制度を創設しますに詳しく書かれています。

ざっくりいうと、空き家マッチングを専門家がチームを組んで相談・解決するという試みです。

香川県としては制度を作ることで、不動産や法律やその他空き家に関連した専門家をチームでまとめることができます。

サポートチームのメリット

民間業者であれば勝手にマッチングしていけばいいわけですが、ここでのメリットは香川県空き家ポータルサイトで公開されることで集客や信頼につなげることができる点でしょう。

ポータルサイトは10月1日で開設されたようです。まだ公開されているチームがないですが、そのうち公開されていくのかなと思います。

香川県空き家ポータルサイト

都道府県が行っている空き家対策情報サイトですね。

愛知県であればあいち空き家管理・活用情報のようなものです。そういう意味で情報がまとまっているので便利だと思います。

おわりに

香川県の取組も今後注目ですね。香川で活動されている方で、空き家ビジネスや関連の仕事を得るために専門家は登録してみても面白そうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名古屋の不動産市場を知る

日本ランドエンジニアリング株式会社では、数年に一度のペースで、名古屋中心部エリアの不動産状況を調べています。2017年度は変貌する名古屋5(2017年6月作成)を発行致しました。名古屋の不動産市場を見るデータとしてご活用頂ければ幸いです。

名古屋中心部エリアの調査レポートです。表紙、裏表紙込みで全体で12ページとなっています。配布ファイルはPDF(約2.5MB)で、データファイルはA3サイズですが、A4の縮小印刷でも可読可能です。

レポート内容は、

1.建物の主たる利用別用途図(P.2-3)

2.建築中および5年以内に新築・建て替えられた建物(P.4-5)

3.既存および建築中ホテル(P.6-7)

4.所有権の異動(売買および相続)(P.8-9)

5.投資法人が所有する建物(P.10)

6.名古屋市中心部の状況(P.11)

となっています。

PDFデータをご希望の方は、変貌する名古屋(別サイト)にてダウンロードをお願い致します。

空き家の教科書では、次の一手や戦略が立てられるようになると考え、本資料を配布しております。

詳細を確認する

RSSでもご購読できます。