全国の解体業者の数はどれくらいあるか(推測)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全国にどれくらい解体業者があるか気になったので、推測も含め調べてみました。

全国の解体業者数

解体無料見積ガイドでは約14,000の解体業者があると書かれていましたが、国交省が出している資料建設業許可業者数調査の結果についてー建設業許可業者の現況(平成28年3月末現在)ーでは解体業者の数というのは分かりません。

全国で建設許可業者数は、約47万業者あります。例えば愛知県のページでは解体工事業については、土木工事業・建築工事業・解体工事業のいずれかの建設業許可が必要でそれらがない場合などは解体工事業登録が必要です。

要は解体業者というのは建設許可業者数または解体工事業登録者数という少なくとも重複しそうですがこの合計が必要な気がします。

同じような疑問として、解体業者の総数は日本全国でどのくらいあるの?では、

解体工事を行うことが出来る業者は、次の2つの内どちらかの条件を満たさなくてはいけません。

建設業許可の中で、「土木工事業」、「建築工事業」、「とび・土工工事業」の許可を受けている業者
各都道府県知事の解体工事業登録を行っている業者

(同上より引用)

とあるので、上の理解は正しいと考えられます。さらにサイトに従って推測してみましょう。

建設許可数

その場合ざっくり解体業を5%とする推測にしかすぎませんが、約47万の5%ですので、約24,000社はあると推測出来ます。

解体工事業登録数

解体工事業の登録業者数はどこで分かるかですが、愛知県でいえば建設部建設業不動産業課の事業内容において、

平成28年3月末現在における解体工事業者登録数は502業者です。

(同上より引用)

とあります。解体の匠では、建設業の東京都の割合を出して同水準として計算しています。愛知県の建設業者の割合としては、先ほどの国交省の建設業許可業者数結果があるので、愛知県は25,504ですので、上の解体工事業者登録数は502で、この割合は1.9%です。

仮に愛知県のこの割合が、全国でも一緒であれば、全国業者数が467,735あるので、1.9%は8,885となり、解体工事業登録数は8,885といえそうです。

解体工事が出来る業者数を推測

話が数学みたいになってきましたが、上の許可数+登録数=24,000+8,885=32,885があくまで推測ですが業者数となります。

先ほど出てきた全国の解体業者数とは許可数の方ではなく、解体工事業登録を出した業者だといえそうです。このあたり分かりづらいのですが、おそらく許可数を入れてしまうと、解体工事業登録などに関して出てくるであろう基準が分かりづらいのでそういった指標を用いていると言えそうです。

おわりに

解体ガイドでは14,000社となっていて、今回の推測では32,000程度となりました。よって、ざっくりですが解体業者の数は、1万から3万前後ということになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名古屋の不動産市場を知る

日本ランドエンジニアリング株式会社では、数年に一度のペースで、名古屋中心部エリアの不動産状況を調べています。2017年度は変貌する名古屋5(2017年6月作成)を発行致しました。名古屋の不動産市場を見るデータとしてご活用頂ければ幸いです。

名古屋中心部エリアの調査レポートです。表紙、裏表紙込みで全体で12ページとなっています。配布ファイルはPDF(約2.5MB)で、データファイルはA3サイズですが、A4の縮小印刷でも可読可能です。

レポート内容は、

1.建物の主たる利用別用途図(P.2-3)

2.建築中および5年以内に新築・建て替えられた建物(P.4-5)

3.既存および建築中ホテル(P.6-7)

4.所有権の異動(売買および相続)(P.8-9)

5.投資法人が所有する建物(P.10)

6.名古屋市中心部の状況(P.11)

となっています。

PDFデータをご希望の方は、変貌する名古屋(別サイト)にてダウンロードをお願い致します。

空き家の教科書では、次の一手や戦略が立てられるようになると考え、本資料を配布しております。

詳細を確認する

RSSでもご購読できます。