農業委員会って何だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本農業新聞の農地付き空き家 取得面積に特例 市町村が 「下限」設定へが興味深いです。このニュース内容と、そもそも農業委員会ってなんだろうかを調べてみました。

農地の取得が緩和される

改正案を出すということで確定ではないですが法律改正から実際には農地の取得する場合の下限面積が少なくなり取得しやすくなると考えられます。

記事にある通りで自治体の特例、つまり各農業委員会が1アール程度まで営農(農業の仕事)で既存の農家に影響がない範囲でという考慮が必要です(要するに移住者が農地を簡単に取得できてそれが家庭菜園レベルでなく農業をされると嫌ということですね。実際新規農業自体がそもそもどこまであるかということですが)。

自治体手続きまで不明ですが記事からすると、公示などの手続きが必要でそれらの手間が削減され、より取得しやすくなるということかなと考えられます。

これにより移住者や二拠点居住等で農地付き物件が得られやすくなるかもしれません。ただそもそもそのような物件が数少ないのであればそこまでということですね。

農業委員会とは

次に農業委員会についてです。

こちらについては農林水産省が農業委員会についてで説明しています。農業委員会の概要PDFがあるのでそちらを見ていきましょう。

資料を見てもらえればということですが、概要だけを抜き出すと以下のようになります。

  • 市区町村に1つの農業委員会が設置されている(正確には1741自治体のうち1,708でほとんどある)
  • 農地法に基づく農地の売買・賃貸の許可、農地転用案件の意見などの農地に関する事務を執行する行政委員会。
  • 委員会を構成する農業委員は市町村長が議会の同意を得て任命(認定農業者等が農業委員の過半数などの任命要件がある)
  • 農業委員は新制度移行の委員会は243あり、農業委員は平均14人で推進委員は平均14人となっている(推進委員とは農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有するもので農業委員会が委嘱(いしょく)とあります)

農業委員と推進委員は、特別職の地方公務員にあたるようです。

簡単にいえば、農業に関するノウハウや経験を持った人で構成していってそこで当然独断でなく、農地法に元づいて「公平中立」な事務がされていると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RSSでもご購読できます。